Associations of People from Kagoshima
Kagoshima Global KIZUNA Assembly 2018 Official Program


TOKYO WELCOME EVENT


東京ウエルカムイベント
2018年10月31日(水曜日)
Wednesdy, October 31st, 2018


海外参加団体のご紹介
Participants From Abroad



ペルー鹿児島県人会
Perú Kagoshima Kenjinkai

ペルー鹿児島県人会は2016年には創立100周年をふるさと鹿児島県や海外移住家族会からのご臨席をいただき、1986年の80周年、1996年の90周年に引き続き盛大にお祝いすることができました。
この度、鹿児島県人世界大会へお招きに預かり、世界にいらっしゃる鹿児島ゆかりの方々とお会いできることを楽しみにしております。 この機会にペルー鹿児島県人会について簡単にご紹介いたします。

ペルー鹿児島県人会の沿革


1908−1923年 鹿児島県から労働者として747名がペルー渡航
1916年 2月7日 鹿児島県人会創設
1924 -1939年 家族呼び寄せや渡航募集に鹿児島から1550名来ペルー
1940-1950年代 太平洋戦争の影響で県人会活動記録消失
1952年 市来金太郎氏が鹿児島県人会活動再興
1968年 金丸三郎鹿児島県知事(当時)が、県知事として初めてペルー訪問
1979年 鹿児島県がペルー在住県出身者へ奨学金制度を開設
1986年 県人会創設80周年記念式典開催
1994年 ゲートボール世界大会(於鹿児島)へ参加
1996年 創設90周年記念式典開催
2016年 創設100周年記念式典開催
2017年 ブラジル鹿児島県人会と交流開始
In Peru between the years 1908 and 1923, 747 people from Kagoshima arrived with an employment contract. The contracts were for 4 years, mostly to work in the farmlands. At the end of the contract, they went to the city to settle down and start a business. Later between the years 1924 and 1939, 1550 arrived by call or yobiyose.
The Peru Association Kagoshima Kenjinkai was founded on February 7, 1916, its first President has been Mr. Yanosuke Suenaga.
The Kenjinkai also had Messrs. Minosuke Yoshimoto and Kintaro Ichiki as great Kagoshima leaders. About the early years of Kenjinkai, much of the information was deliberately erased between the 1940s and 1950s, due to political and racial persecution of the Japanese in Peru by the Second World War. Many Japanese families were affected by the looting of their businesses, starting over or returning to Japan.

1949

1957-58

In 1952, Mr. Kintaro Ichiki restarted the activities of the Kenjinkai. The first years of reopening were difficult because of the country's economic and social situation.
Among the various trades learned by immigrants from Kagoshima, the most outstanding was the Bakery, where the following families stood out: Nagatome, Maeda, Hiramine, Uyehara, Shironoshita, Fukumoto, Ishida, Kitazono, Matsuda, Ueno, Nishimata and Wakabayashi. They also dedicated to: watchmaking, carpentry, hairdressing, milk stables, farms, restaurants, etc. Mr. Masao Kozono, worked hard to start relations with Kagoshima Prefecture. In 1968, the Governor of Kagoshima, Mr. Saburo Kanemaru, visited us for the first time.
In 1979, the Prefecture of Kagoshima granted for the first time a scholarship to Peru for descendants. Now, we have 28 young people benefited with the Ryugaku scholarship and 9 with the Kenshu scholarship.

1996

100years Anniversary

現在ペルー鹿児島県人会は毎年恒例で新年会、父母謝恩会、忘年会を開催し、約130家族が参加しています。このほかにも日本人会や婦人会およびほかの県人会と一緒に運動会やソフトバール大会、メキシコ料理会、歌謡コンテスト、グルメ祭りなど様々な催しに参加しています。

新年会2018

父母謝恩会2017

フェスティバル2017

運動会2018

1986

県人会スタッフ2018

編集発行/Published by
東京ウエルカムイベント実行委員会

Kagoshima KIZUNA Project Tokyo
公益社団法人 三州倶楽部
関東鹿児島県人会連合会、欣交会
鹿児島県、鹿児島市

 

東京ウエルカムイベント実行委員会
(かごしまKIZUNAプロジェクト東京推進事務局)
編集担当
Supprted by Tokyo Welcome Event Committee

Copyright (c) TWE 2018 All rights Reserved
Empowered by Network Kagoshima Org